×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

kit cansat project
 
   
cansat home
   
  cansat about
   
  cansat diary
   
  cansat gallery
   
  cansat contact
   
cansat link

                                    種子島 2011年

 種子島ロケットコンテストは鹿児島県の種子島宇宙センターで行われるロケットコンテストであり、今年は第7回大会になる。 今回の種子島大会は、GPS,2つのサーボモーター,EEPROMという最もシンプルな機体で臨みました。前年度のARLISS大会で新しい試みとしてジャイロによる制御に挑戦したが風に大きく流されて失敗に終わったため一旦基本に戻ろうということだった。
大会は3月11〜13日、1月2月は卒業論文発表の準備に忙しく機体作成はなかなか進まない。(毎年のことです・・反省・・)
大会へは、B4の3人で参加するつもりがエルフの〇本くんに法則*が発動し、久柴、野田の2人での参加となった。
無事機体を完成させ、種子島の海岸で最終調整を行っていた3月11日、パトカー、消防車が突然現れ津波が来るから本部に戻るよう指示・・・・あの東日本大震災である。 風も強かったという事もあり競技会は中止となり、代わりに技術交流会が開かれた。
工夫した事、新規チャレンジを披露する場で・・・我がシンプルな機体涙目。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

*法則・・・〇本くんは、出張・競技会・学会等は必ずキャンセルとなり研究室で実験をしなければならないこと。(永久留守番)




やって来ました種子島宇宙センター〜〜〜〜



シンプルな機体です。GPSの位置データからターゲット方向へサーボモーターを使ってパラフォイルを自動制御します。


ホテルが作業場と化してます。・・すみません・・



大しけです。種子島も2mの津波が押し寄せました。


技術交流会・・・・ちょ のだ手ぶれ過ぎ・・・


記念写真を1枚




以上 11年度種子島大会でした〜。
 


KIT CanCat
Copyright (C) 2008 KIT CanSat. All Rights Reserved.